借金の相談を無料でしかも匿名で申し込み出来る!

あなたの借金を全部チャラにする事だって可能です!

もうこれ以上借金を返し続けるのはやめにしませんか?

街角法律相談所に無料で相談しましょう!

▼街角相談▼

もう借金が返せない、利息ばかり払って元金が減らないとお悩みならこちら

たくさんの金額をキャッシングで借入れ金があった方へ役立つ情報です。

 

あなたは今もう限界だ!と思う位消費者金融から借りていて途方に暮れている状態なのだと思います。

 



金融会社へ返済出来ず払うお金がない、返済日が近くなると疲れ果てる、生活が苦しくて毎日怯えている。

 

カードローンで借りたけど返せないまま日が過ぎている。

 

これからどうしよう。。。

 

そのようなご様子だと思われます。

 

消費者金融地獄で苦しい、お金が無くて残金を見ると胸が締め付けられる、だが頭が回らずいい方法が思い浮かばない。

 

長期間キャッシングの返済ばかりで悲しすぎる、いつも納める日に現金がギリギリで冷や冷やしている。

 

こうして相当困惑してらっしゃいますね。

 

既にカードローンがいっぱいで困っている状況が持続するのはどうしようもなく辛いです。

 



銀行カードローンやキャッシング会社に利息しか払えないでいると気力がなくなってどんよりしてしまいます。

 

日々ストレスを感じ落ち込みますよね。

 

どうしていいか分からない。

 

ずっとネガティブ気分を抱えてストレスです。

 

困った、終わりにしたい、親に困難に巻き込んだ事も多くあるでしょう。

 

返済地獄から辛くなる人物もいます。

 

借金の要因は些細な事ですか?

 

買い物依存ですか?現金が都合がつかなくて毎日困っている場合もあるでしょう。

 

すっと楽になりたい返済義務を悩みたくない、重圧からどこかへ行きたい。

 

借りたら遅れず支払わなければいけません。

 

そうは言っても銀行に返せない彷徨っている方々を助け出すやり口があります。

 

もしかして返済地獄が中止となればとっても気持ちが晴れ晴れすることでしょう。

 

次は辛さから解放されます。

 

返済の暮らしを負荷をなくすには債務整理という助けてもらえる方法が存在します。

 

払えない利息を減らしたりご破算にしたりする術です。

 

特定調停、自己破産、任意整理、個人再生などがあります。

 

ご自分の融資してもらったものにはどの手続きが適するのでしょう。

 

過払い金請求をやろうとするならスペシャリストに一任した方が比較出来ない位手っ取り早いです。

 

あなただけで抱え込んでしまうのは常々辛い事ですよね。

 

借金で困ったら専門家に相談するのが一番です。

 

問題を解決するなら法律事務所に相談しましょう

 

借金の相談をしてみたいけど、一体誰に相談したらいいのだろうという疑問を持たれる事でしょう。

 

弁護士なんて知り合いはいないし、相談料もきっと高いんじゃないかな。。

 

お金が無いのに相談に行っていくら取られるんだろう。。

 

そんな事を考えている間に時間はあっと言う間に過ぎてしまいます。

 

キャッシングの未払いが続けば損害遅延金も発生して益々高い利息を払わなければなりません。

 

そんな時便利なのが
「街角法律相談所」です。
24時間365日全国対応でもちろん家族にも秘密に申し込み出来ます!

 

借金解決シミュレーターは申し込みの時本名、住所を記入する必要はありません。
相談料がしかも無料です!

 

記入するのは
・ニックネーム
・住んでいる都道府県のみ
・借入れ金額と毎月の返済金額
・住宅ローンや完済した借金の有無
・メールアドレス 電話番号

 

たったこれだけです。

 

パソコンからもスマホからも入力して申し込み出来るのでわざわざ弁護士さんを探していくより全然気楽に相談出来ます。

 

メールの案内はどんな債務整理が適しているのか、返済金額はどれくらい減るのかを教えてもらえます。

 

診断結果はその日のうちにメールで詳しく送られてきます。

 

借金が返せずそのまま放置しておくと高い損害遅延金を払わなければならないですし、ローンが組めなくなったりクレジットカードが止められたり、督促状が届いたりします。

 

借金が払えない状態は生活する上でのお金が不足しているためドンドン気持ちが追い込まれていくでしょう。

 

そうなる前に街角法律相談所に申し込みしましょう。必ずあなたにとって最適な解決案を教えてくれます!

 

解決率は80%。

 

何もしないで時が過ぎるのは絶対やめましょう。

 



信頼性のある法の専門家に託してほんのちょっとでも早く消費者金融の問題を払拭してしまいましょう。

 

 

自己破産したいがお金がない

自己破産を払うお金が無いなら法テラス

 

自己破産を行なうには、個人で裁判所に必要な書類を揃えて提出して申請を行なうことも出来ますが、借り入れの状況を証明する複数の資料を集める必要がありますし、借り入れに至った状況を詳細に説明する必要がありますが、借金を支払えない状況は提出した資料で判断出来るにしても、どのような経緯で借金をしたのかや、自己破産を行なうことが最良な選択になることを、裁判所が理解してくれるように詳細に書かなければならないのですが、説明が足りなければ何回でも書き直しが要求されて、その分自己破産の手続きが遅くなってしまい、その間借金の催促が続くことになるので催促の電話などによる辛い日々を過ごすことになりますが、弁護士に依頼をして自己破産の申請を行なうと、弁護士が自己破産の手続きに入った段階で借金の催促が来なくなるので気持ちが軽くなりますし、自己破産の手続きも状況を話すだけなので、自分で行うよりも楽に自己破産を行うことが出来ます。
ただ弁護士に依頼をして自己破産を行なった場合、費用が20万円〜50万円ほどかかってしまうので、自己破産を行なうことに躊躇してしまいます。
そのような借金の返済に困っているけれど弁護士に相談するお金がないという場合には、法テラスに連絡をして、法テラスが契約している弁護士の無料相談を受けることがお勧めになります。

 

法テラスに頼むメリット

 

法テラスは独立行政法人に準じた法人になり、借金の返済などで悩んでいる人に対して、契約している弁護士や司法書士と無料で相談をすることができ、その人にあった債務整理の方法を提供してくれます。
そのような意味で弁護士などに無料で相談をすることが出来て、最良の解決方法を知ることが出来るのがメリットになります。
そして実際に自己破産などの債務整理を行なうことになった場合には、自己破産を行うときにかかる弁護士の費用を全て法テラスが代わりに支払ってくれるので、弁護士費用を支払う必要はありません。
しかも自己破産が確定した後になってから、法テラスに費用の支払いを月々の分割で行なっていていくのですが、返済額を大体5千円〜1万円くらいの金額で返済していけるので、返済の負担を感じることはあまりありません。
そして、弁護士に直接依頼するよりも低額に弁護士費用を見積もって返済額を示してくるのもメリットになります。

 

どんな人が法テラスの民事法律扶助を受けられる?

 

法テラスの民事法律扶助を受けられるには手取り分の収入による条件があります。
具体的に民事法律扶助が受けられる条件として基準額が各家庭の人数に応じて決められていて、一級地以外で暮らしている単身者の場合で手取り分の月収が182000円以下であれば受けることが出来ますし、2人家族の場合で251000円以下、3人家族で272000円以下であれば受けることが出来ます。
一方一級地で暮らしている単身者の場合は手取り分の月収が200200円以下であれば受けることが出来ますし、2人家族の場合で276100円以下、3人家族で299200円以下であれば受けることが出来ます。
ただ家賃や住宅ローンがある家庭は、実際に支払っている家賃や住宅ローンの返済額と手取り分の収入を加えた金額が、各家庭の人数に応じた基準額以下であれば民事法律扶助を受けることが出来ます。
そして医療費や教育費など生活に必要な出費がある場合は、基準額から控除されて判断されていきます。

 

法テラスに立て替えてもらえる

 

自己破産の手続きを行なう場合で弁護士などに依頼するときは弁護士などの費用もかかりますが、それ以外に裁判所に支払うお金もあります。
裁判所に支払うお金としては予納金があり、1400円分の収入印紙と官報広告費として1万円〜1万6千円ほどの費用がかかります。
そして債権者への通知などに500円ほどの切手代がかかったり、個人が書類を取り寄せるときにかかる費用も合わせると、合計で2万円前後の費用がかかります。
弁護士に依頼する場合はそれに弁護士にかかる費用として20万円〜50万円ほどが加わってくるのですが、法テラスを利用して自己破産の申請を行って自己破産が確定したとき、法テラスはかかった費用の内弁護士の費用だけを立て替えてくれます。

 

いくら位の支払いなのか

 

法テラスでは自己破産の手続きでかかった費用の内弁護士の費用を立て替えてくれますが、その見積もりは安く設定されていて、大体弁護士の費用として15万円〜30万円くらいを見積もっていて、5000円〜1万円くらいを月々返済していき、3年くらいで完済出来るように返済計画が立てられています。

 

裁判所に納める予納金はどうなる?

 

裁判所に支払う予納金には1400円分の収入印紙と1万円〜1万6千円ほどの官報広告費がありますが、これらの予納金を法テラスは代わりに支払ってくれないので、自分で支払う必要があります。
具体的な支払い方法は自己破産の手続きを依頼している弁護士からの指示や話しがあれば従えばいいでしょうし、分割で支払うことも出来るので、分割を希望する場合は相談をすることもお勧めになります。

 

 

借金が返せないまま放置するとどうなるのか

 

借金が返せないまま督促を放っておくとどうなるのか

借金を返済日までに返済することが出来なかったら、返済を促す電話や郵便物が送られてきます。
そしてそれらを無視して返済を行わないでいると、裁判所に訴えられて給料が差し止められてしまい、借金をして給料が差し止められた事実が会社に分かってしまいますが、具体的にはどのようなことがあるのかを述べていきます。

 

期日が過ぎたら電話

 

返済日を過ぎて返済が無かったらまず女性の担当者から携帯電話に電話があります。
そこで電話に出て返済の約束をしたのにその日に支払いが無かったり、電話にも出ない状況だと数日後に今度は男性の担当者から返済を促す電話が携帯電話にかかってきます。
そして、契約をしたときに自宅の電話番号を記載していれば、1日に数回自宅に催促の電話が入ってくることがありますが、このときに電話に出れないときは担当者の名前を名乗って留守電にメッセージを入れることがあります。

 

郵送物が送られる

 

携帯電話にかかってくる催促の電話に出なかったりすると、週に1回くらいのペースで、自宅に内容証明郵便の郵便物が届きます。
郵便物には遅延損害金を含めた支払い額を明記した明細書を添えて、担当者の名前を明記した督促状が入っています。

 

自宅への訪問

 

返済日を1ヶ月以上過ぎても返済がない場合は自宅に担当者が訪れることがあります。
担当者が自宅に訪れる時間帯は大体夕方から20時くらいまでの間で、そこでこれからの返済計画についての相談を行なっていき、返済する期間や1回に支払う金額を決め直していきます。

 

信用情報機関のブラックリストに載る

 

信用情報機関では3ヶ月以上返済が滞っていることを延滞と定義していますが、具体的には各金融機関によって違っていて、基本的に2〜3ヶ月支払いがなかったり2回連続で支払日に入金が無かった場合に延滞として信用情報機関のブラックリストに載ってしまい、クレジットカードや住宅ローンなどの審査が通らなくなってしまいます。
そして一度延滞の記録が載ってしまうとその後返済が再開されていても、完済してから最長で5年間は延滞の記録は残ったままとなって、ブラックリストから消えることはありません。

 

裁判所に訴えられる

 

自宅訪問で出会えなかったり、新しく立てた返済計画でも返済が無かった場合には、滞納が始まって2・3ヶ月後くらいに裁判所に訴えられてしまい、法的な処置をとられてしまいます。
裁判所でとられてしまう法的な処置とは、給与の差し押さえか全額返済かを債務者の状況を考慮して決められていていきます。

 

給与の差押え

 

給与の差し押さえを行なう場合は、債権者の担当者が予め債務者が勤めている会社に給与の差し押さえを行うなうことを郵送で通知してから裁判所に訴えていくので、会社に借金の事実を知られてしまいます。

 

消費者金融は取り立てについて規制されている

 

消費者金融が債務者に取り立てを行なう場合は、貸金業規制法によって規制されていることがあります。
ひとつは債務者や保証人に対して督促や取り立てを行なう場合は、21時〜翌朝8時までは自宅訪問や電話・ファックスを行ってはいけないことになっていますし、例えば夕方頃に債務者の自宅に訪問したときに、債務者が退去するように話した場合は退去しなければなりせん。
そして債務者に債務者以外から借りて返済するように要求したり、逆に債務者に代わって他人に返済を要求することも出来ないことになっていますし、延滞している債務者の自宅周りなどに立て看板などをして、債務者のプライバシーを侵害する行為も行ってはいけないことになっています。
そして基本的に債務者の勤務先に電話をしたり勤務先を訪問することも禁じられています。

 

どこかに逃げたら返さなくてもいい?

 

実は借金にも5年という時効がありますが、その時効を迎えるには債務者側の条件と債権者側の条件が整わなければ成立しません。
時効が成立する債務者側の条件は、借金の返済を5年間一切行わないことになります。
そういう意味では5年間何処かに逃げてしまえば借金の返済も催促の連絡からも逃れられるようにも感じられますが、住民票を移せばそのことで新しい住所が分かりますし、家族が警察に捜索願いを出していれば警察による捜索が始まって、居場所を特定されてしまうことがあります。
一方債権者側の条件もあって、ひとつは債務者に内容証明郵便で借金の返済を求める郵便物を送っているということと、債務者が返済の意思があることを証明する書類にサインをしたり、少しだけでも返済をすることで時効を中断することが出来ますし、裁判所に訴状を提出ることで時効を中断することも出来ますので、時効を狙って何処かに逃げても無駄といえます。

 

放置はいけない 借りた金融に必ず連絡を入れる

 

返済日までに返済を行わないで放置したり逃げたりすると余計に自分が苦しくなるばかりですが、返済が遅れることが分かっていれば、連絡を入れることで催促の電話や郵便物が来なくなるので、返済が遅れることを連絡することが最善の方法になります。

 

 

ブラックリストについて

 

ブラックリストとは

 

ブラックリストとはそのようなリストがあるのではなく、クレジットカードなどの借金の返済が滞ったり、借金の返済に困って債務整理を行ったりなどをしたときに、信用情報機関の個人情報に事故情報が記載され、条件が整うまで事故情報は登録されたままとなりますが、この事故情報をブラックリストと呼び、事故情報が載ることをブラックリストに載ると表現しています。

 

ブラックリストに載るってどういう事?

 

金融機関から新しくクレジットカードを作成したりローンを組んでマイホームを建てるときは、その人がローンなどの借金の返済能力を確認するために審査を行ないますが、その審査のひとつに過去に借金の返済を遅延したことがあるのかとか、債務整理を行っているかなどを調べるために、信用情報機関の信用情報に事故情報の記載がないか調査を行ないます。
そしてもしブラックリストに載っていれば審査を通ることはないので、そういう意味でブラックリストに載るということは、他の金融機関が貸し出しを安心して行なえるかどうかを判断する材料になっています。

 

ブラックリストに登録される期間は事故情報の種類で違って来ます。
例えば返済の延滞で事故情報が載った場合は、延滞分も含めて返済がされてから最長で5年間延滞による事故情報が登録されていきます。
そして債務整理を行なった場合でも事故情報に登録されるのですが、任意整理や特定調停の場合では基本的に任意整理や特定調停での返済が終了してから5年間ほど、任意整理や特定調停をしたという事故情報が残りますし、自己破産を行なった場合は自己破産が確定してから5年〜10年間ほど、自己破産をしたという事故情報が残ります。
そして個人再生を行なった場合も、債務を完済してから5年〜10年間ほど個人再生をしたという事故情報が残りますが、個人再生で行なっている返済が滞るとその分完済するまで時間がかかるので、延滞があれば事故情報が残る期間も延びてしまいます。

 

ブラックリストが及ぼす影響

 

基本的にブラックリストに載るだけでは家庭や会社に影響は出てきませんが、ブラックリストに載ることで新しくクレジットカードを作成して新しい借り入れを行うことは出来ませんし、住宅や車などのローンを新しく組むことも出来ません。
そして家賃や公共料金などの支払いを、債務整理をしたクレジットカードで支払っていた場合は、そのカードを使用出来なくてなってしまうため、直接現金で支払うことになる場合もあります。

 

ブラックリストは信用情報機関で確認できる

 

ブラックリストに載っている期間はある程度決まっていますが、返済が遅れたりその他の理由でブラックリストが残っている期間が違って来るので、正確に何時消えるかは分かりません。
しかし、消えているかどうかを判断するために例えば新しいクレジットカードの申し込みを行なうと、実は申し込みを行なった事実が信用情報に載ってしまいます。
この場合の情報は6ヶ月ほどで消えますが、この情報が残っている状態で複数の金融機関にクレジットカードなどの申し込みを行なうと、複数申し込みを行なっているという事実だけで審査が通り難くなってしまいます。
そのようなことからも、事故情報が残っているかどうかを知りたい場合は、試しに申し込みをしてみるのではなくて、信用情報機関に問い合わせを行なうことが、賢い確認の方法になります。

 

信用情報機関の種類と開示方法

 

信用情報機関にはKSCとCICそしてjiccの3社があり、銀行や消費者金融そして信販会社が登録していて、各金融機関は信用情報機関の1社か或いは複数社に登録をしていて、その登録をしている信用情報機関の信用情報を確認して審査を行なっています。
そして一方個人でも各信用情報機関の信用情報を確認することが出来ます。
個人で自分の信用情報を確認する方法は、各信用情報機関に信用情報の開示請求を行ないます。
開示請求は窓口か郵送で行なうことが出来て、郵送で開示請求を行なう際には1000円の手数料がかかり、開示の申込書に身分証明書を添付して郵送します。
ただCICの場合は窓口や郵送以外にも、手数料として1000円かかりますがインターネットで開示請求を行なうことが出来ます。
インターネットで開示請求を行なう場合は、開示したい金融機関に登録している電話番号で信用情報機関に電話で連絡を行ない、受付番号を取得してからその番号を入力することで開示報告書をpdfファイルでダウンロードすることが出来ます。

 

KSC

 

全国銀行協会のことで銀行系の信用情報機関になり、ブラックリストに載っている期間は、延滞や任意整理で5年、自己破産で10年となっています。

 

CIC
信販会社の信用情報機関になり、ブラックリストに載っている期間は延滞や債務整理で5年となっています。

 

jicc
日本信用情報機構のことで銀行や消費者金融そして信販会社が登録をしている信用情報機関になり、ブラックリストに載っている期間は、延滞で1年、任意整理や自己破産で5年となっています。

 

ブラックリストの登録状況を確認するには

 

現在ブラックリストに載っているかどうかを確認するには、信用情報機関の窓口か郵送やインターネットで開示請求を行なうことで確認することが出来ます。
具体的に銀行のカードローンなどの情報開示を行なう場合は、KSCの窓口か郵送にて開示請求を行ない、クレジットカードの情報開示を行なう場合は、CICの窓口か郵送にて開示請求を行なったり、インターネットでも開示請求を行なうことが出来ます。
そして消費者金融からの借入に関する情報開示を行なう場合は、jiccの窓口か郵送にて開示請求を行ないます。

 

ブラックリストの登録情報は消すことができるのか

 

信用情報の開示請求を行ない、開示された内容が違っていた場合は訂正を行うことが出来るので、その場合は本人が信用情報機関に問い合わせを行ない修正を依頼します。
しかしブラックリストの登録情報は、借金を完済するなどをして事故情報が残っている期間を過ぎるまでは消えることはないので、ブラックリストの登録情報を消す方法はありません。
ですから、ブラックリストから消すことが出来るという業者があれば、不当に料金を請求されるなどの被害を受ける危険性もあるので、注意が必要になります。

 

 

 

▼こちらをクリック▼