借金の相談を無料でしかも匿名で申し込み出来る!

あなたの借金を全部チャラにする事だって可能です!

もうこれ以上借金を返し続けるのはやめにしませんか?

街角法律相談所に無料で相談しましょう!

▼街角相談▼

任意整理すると誰かにバレるのか?

任意整理してみたいけれど周りの人に知られてしまうのだろうか?

 

そんな不安をお持ちの方へ知られてしまう可能性とその対策についてご紹介していきます。

 

職場にばれる事はある?

 

任意整理は債務整理の中では一番自分に対するダメージが少ない方法と言えます。
そのため、給料のほとんどを借金返済に充てているような場合には、早めの決断をお勧めしたいものです。

 

とはいえ、金融機関に対して借入金返済の交渉をすることになりますから、外部に漏れるのではないかと心配かもしれません。
特に消費者金融の在籍確認の電話だけでも神経質になることが多いのに、債務整理などがばれたらどんなことになるか想像もできません。
また、家族に対してもこんな話は絶対内緒にしたいですよね。

 

家族に対しては気を付ける必要あり(書面でのやり取りが必要になってしまう場面がある)

任意整理は、金融機関との交渉が必要になりますが、交渉する限りは書面が必要です。
金融機関としては、確実にやり取りを記録したいことから書面のやり取りで交渉したいという場合が多いです。
また、書類の受け渡しも後日のトラブル防止のため、書留や内容証明郵便を望む場合が少なくありません。

 

職場にバレる心配はさほどないと言えますが、郵便物の存在によりバレる可能性は低くありません。
特に受取の印鑑等が必要になる書留郵便ですから、バレる可能性はさらにアップします。

 

バレてしまう可能性と対策

 

とはいえ、実際に任意整理が家族などにバレることは非常に少ないです。
なぜなら、任意整理のほとんどは弁護士などの専門家を通じて行っており、お互いの連絡はメールを主にしているためです。
また、実務的な依頼や書類持参は弁護士事務所ですることが多いため、自宅に郵便物が届くことはありません。

 

弁護士とのやり取り

もっとも、弁護士さんに任意整理を依頼する際には、最初に「家族などには絶対内緒にしたい」という意思表示をすることが大切です。
もっとも、債務整理を専門としている弁護士さんは、このあたりの事情を知っています。
そのため、特に依頼しなくても連絡方法は携帯へのメールだけに限定していることが多いです。

 

しかし、事前に伝えることで自分自身に対する安心感を持つことができます。

 

貸金業界との連絡

 

一番家族にバレる可能性が高い理由として、金融機関が自宅に連絡をすることが挙げられます。
貸金業者の中には、わざと自宅に郵送物を送り続けたりして家庭内紛争を起こさせ、任意整理をさせないように仕向けることを試みるケースがあります。

 

ただし、弁護士が債務整理を受任すると弁護士以外への接見等を一切禁止する旨の記載をします。
そのため、通常はこんなことは起きません。

 

また、このような言語道断な対応をする金融機関は多くありません。
ただし、大手消費者金融でもたまにあるケースではあります。

 

クレジットカードが持てない事から周囲にバレる可能性

任意整理後には信用情報に登録されることから、クレジットカードの契約は一切できなくなります。
また、このような「ブラックリスト」は5年間で消えるものの、前提条件としてカード等の解約が必要になります。
つまり、クレジットカードを持てなくなるわけです。

 

ただし、現在ではデビットカードがかなり普及しているため、そちらを利用すればいいのです。
任意整理をネガティブにのみ考えるのではなく、生活習慣の転換ととらえて「現金主義に変えたんだ」と言い切れるほどの余裕を持ってもいいのではないでしょうか。

 

ローンが組めない

クレジットカードが持てなくなるのと同様に、ローンが一切組めなくなります。
しかし、先ほど述べた通り「現金主義」の生活に変えたと思えばいいのではないでしょうか。

 

世の中には「現金決済の店」が多くあります。
大型家電製品でも価格比較サイトの上位を占めるのは、ほとんど現金決済専門店です。
お得な生活に変えるきっかけと思えばいいのです。

 

どうしてもばれたくない場合は専門家に相談

このように任意整理をしても外部にバレるようなことは多くありません。
あまり心配する必要はないでしょう。

 

ただし、前提条件として債務整理を専門家である弁護士さんに依頼していることが挙げられます。
そのため、自分だけで任意整理の交渉をするという場合はこの限りではありません。

 

任意整理は弁護士さんに依頼しない限り実現しないと言われています。
もちろん、法学部卒業の方で法律的な知識を持っている人であれば、やってできない事ではありません。
しかし、交渉には時間がかかります。
また、金融機関側も「弁護士のバッチ」があるかどうかだけで対応が全然違う事も事実です。

 

そのため、現実的に任意整理をするためには弁護士さんなどの専門家への相談は必須と言っていいでしょう。
当然、弁護士さんに依頼することで、外部にバレる心配はほぼゼロに近くなります。

 

また、任意整理後は自分の生活習慣を変えるように弁護士さんなどから指導を受けるはずです。
つまり、自分の収入の範囲内で生活し、借金には一切頼らないことです。
ブラックリストに載るから、借りたくても借りられないというだけではありません。
借入をするより貯金をし、クレジットカードではなくデビットカードを利用するだけで生活は一変します。

 

自動車を利用している人はETCカードを利用するかもしれませんが、ETCパーソナルカードを利用すれば事前入金をすることでクレジットカードなしで利用することができます。

 

このように自分の生活を変えることで二度と同じ目に合うことはないはずです。

▼こちらをクリック▼