借金の相談を無料でしかも匿名で申し込み出来る!

あなたの借金を全部チャラにする事だって可能です!

もうこれ以上借金を返し続けるのはやめにしませんか?

街角法律相談所に無料で相談しましょう!

▼街角相談▼

任意整理と 携帯電話の契約や車のローンについて

任意整理を行うと、その情報が信用情報に記録される為、残った返済分を完済してから約5年が経過するまではあらゆるローン契約に制約が出てしまいます。

 

原則的にその場払いではないクレジット扱いになる契約は一切行えなくなり、手持ちのクレジットカードも利用できなくなってしまいますが、携帯電話を契約している場合や車のローンを抱えている場合、それらにはどう影響するのでしょうか?

 

携帯電話の契約への影響

 

信用情報は、携帯電話を契約する際にも参照されています。つまり、任意整理を行った後に携帯電話を契約しようと思っても、その記録があると契約を断れられてしまう可能性があります。

 

ですが、条件によっては契約ができなくもありません。
携帯電話はそれを所持していないと現代社会ではとても不便になってしまうことと、10万円以下の場合のみ適用される”生活に必要な耐久消費財”と判断される為、任意整理の記録があっても門前払いという訳ではないのです。

 

契約ができる条件とは?

 

任意整理の記録が信用情報に残っている状態で携帯電話を新たに契約するには、その任意整理の対象がローン会社ではないという点が大切になります。消費者金融などのキャッシングに対して行った場合はこれには当たらないので、この点に問題はないと考えて大丈夫です。

 

携帯電話会社各社は、まずは信販系のCICの信用情報をチェックします。これは、携帯電話本体自体の料金を分割で支払う契約があるからです。これも立派なローン契約となり、CICにこの情報は記録されます。

 

ローン会社以外に対して任意整理を行った場合、このCICの信用情報ではそれは分かりません。ですが、本体の分割払いを利用しようとすると、消費者金融系のJICCの情報もチェックされてしまうので、ここで任意整理を行ったことが分かってしまい、契約が行えなくなってしまいます。

 

つまり、携帯電話本体自体の料金を一括で支払う必要があります。これで任意整理を行った後でも新たに携帯電話を契約することができます。

 

携帯電話を利用中の場合

 

携帯電話を利用している最中に任意整理を行った場合、まだ本体の分割払いが残っていると、その残りの分一括での支払いを求められます。信用情報がチェックされるのは契約時だけではありません。ローン中は常にJICCの情報もチェックされていると考えてください。

 

ここで支払いが行えた場合や、既にローンが終わっていた場合は、そのままその携帯電話を利用し続けることが可能です。ただし、月々の利用料金は絶対に延滞しないように気を付けてください。もし延滞をしてしまうと、予告もなしに急に利用を止められてしまう可能性があります。これは、新たに携帯電話を契約した場合でも同様です。

 

何と言っても任意整理によって信用情報がブラック扱いになっている最中です。本体のローン契約だけが問題な訳ではなく、本来であればその利用状況がCICに記録される携帯電話も利用するのは難しくなるところですが、前述のように生活に不便になってはいけないといったような理由から、特別に利用を許されているのです。

 

車のローン契約への影響

 

車のローンを抱えている間に任意整理を行っても、そのローン自体に影響はありません。そのまま払い続けることができれば、車を手放す必要はありません。もちろん支払いが終わった後にはその車は売却をしても構いません。

 

任意整理はキャッシングなどの現金の借り入れに対して、及びローン契約に対して行うことができますが、ローン契約に対して行った場合、原則的にそのローン対象の品物はローンの提供会社に引き上げられてしまいます。
その上でその品物に対する現在の価値を判断され、その分を残ったローン残高から差し引き、残りの返済に対しての交渉を行うことになります。

 

車のローン自体が任意整理の対象ではなかった場合には、特に問題はないということです。

 

任意整理後に車のローンを組める?

 

これは信用情報からその情報が消えない限り、難しいと言えます。それには時間が経つのを待つしかありません。
任意整理によるブラック扱いは、残った債務を完済してから約5年で消去されます。その他のローンと同様に、それまでは無理だと考えてください。

 

配偶者が任意整理をした場合は?

 

これは、例えば夫が任意整理をした後に妻が車のローンを組むようなケースですが、信用情報は個人別に記録されている為、何も問題にはなりません。

 

しかし、その夫を保証人にする場合は話が別になります。あくまで妻本人が車のローンを契約し、1人で支払っていく場合です。
車のローンは不動産ローンとは違い、2人以上の連名で契約することができません。よって、契約者は必ず1人になります。そして、よほど高額のローンになるような場合以外は保証人を用意する必要はないので、実質的に夫の任意整理は妻の車のローン契約には何も影響を与えることはありません。

 

これは逆のケースでも然りです。妻の方が任意整理を行った場合も、夫の車のローン契約に問題が出ることはありません。

▼こちらをクリック▼