借金の相談を無料でしかも匿名で申し込み出来る!

あなたの借金を全部チャラにする事だって可能です!

もうこれ以上借金を返し続けるのはやめにしませんか?

街角法律相談所に無料で相談しましょう!

▼街角相談▼

任意整理の後の住宅ローンについて

債務整理を行うと、一定期間は一切のローン行為を行えなくなります。キャッシングはもちろん、あらゆるローン契約全てが対象になり、手持ちのクレジットカードさえ使えなくなってしまいます。

 

これは当然任意整理にも当てはまり、この場合は債権者との和解が成立した時点から、残った債務を完済した後の約5年間までがそのような状態になります。
任意整理の和解後の返済期間は原則的に3年間になるので、和解からおおよそ8年間は住宅ローンを含む、一切のローン行為が行えなくなると考えておいてください。もっと早く前倒しで完済できた場合はこの限りではありませんが、完済後から約5年間という部分は変わりません。

 

任り整理後ローンが組めるのはどうして5年間なの?

 

債務整理を行うと、その情報が信用情報に記録されます。
この信用情報とは、個人別のクレジットヒストリーです。これにはキャッシングを含むあらゆるローン契約の利用状況が記録されており、現在利用している分だけでなく、直近の5年分が記録されています。

 

この”5年”という期間はそれほど正確なものではなく、5年が経過したと同時にそれ以前の分がすぐに消えるというものでもありません。よって、債務整理の記録が残るのは”最低でも5年間”という表現になります。
その為、債務整理後に一度で確実にローン契約を結びたい場合には、5年と数ヶ月は待った方がいいかも知れません。

 

任意整理後結婚して苗字が変わった場合は住宅ローンは組めるの?

 

この信用情報は、名前や住所、生年月日などをキーにして、個人別に管理されています。ということは、結婚によって苗字が変わった場合はその名前を元に参照すると、それまでのクレジットヒストリーは全く表示されません。

 

以前にこれを利用して結婚や離婚を繰り返し、消費者金融などから何度も返済する気のない借り入れを行っていたという詐欺事件がありましたが、本気で調べる気になれば、苗字が変わったくらいでは逃げ切れるものではないのです。

 

全く信用情報に記録がない時点で疑われます

 

信用情報を扱っている機関には、消費者金融系のJICC、信販系のCIC、そして、銀行系のKSCがあります。例えば銀行を利用して住宅ローンを組むと、その情報はKSCに記録されることになります。

 

このいずれにも全く利用記録がないということは、現代社会を生きている人ではありえないことだと言っていいでしょう。クレジットカードを使えばCICにその記録が残ることや、何と言っても携帯電話の料金の支払いまでも記録されている為です。
つまり、上記のように苗字を変えてしまうと、どの信用情報にも全く記録がないことになり、その時点で何か怪しいと分かってしまうということです。

 

信用情報から任意整理の情報が消えれば問題ありませんが…

 

任意整理後の完済から約5年が経過し、各機関の信用情報からその情報が消えた後であれば、その他の条件さえ問題が無ければ、住宅ローンを問題なく利用することができます。

 

ですが、直近の5年間のクレジットヒストリーが全くない状態になってしまっているので、それを問題視されてしまう可能性が否定できません。
このクレジットヒストリーは、ある程度はないと、逆に上記のような詐欺行為の可能性を疑われてしまうものです。特に30歳も過ぎて何1つ信用情報に記録されるようなクレジットの利用がないということは、まずありえない話です。

 

その為、携帯電話の利用記録が大切になると言っていいでしょう。契約済の携帯電話は任意整理を行っても、そのまま利用することができます。もちろん料金の支払いをきちんと行っていることが前提ですが、この利用記録が残っていれば、変な疑いを掛けられる心配はないでしょう。

 

クレジットヒストリー・利用記録がある方が自然

 

そして、それ以外の利用記録も残しておくに越したことはありません。任意整理後に住宅ローンを申し込む前に、クレジットカードを作ってそれを利用し、多少クレジットヒストリーを作っておくと、その方が信用情報上、自然に見えるということです。

 

無理にクレジットカードを利用することで信用が上がるというもの面白い話ですが、信用情報を参照して判断を行うような各種のローン審査では、総じてそのような傾向があるのです。
ですが、必ず支払いはきちんと行ってください。延滞や未払いがあると、逆に不利になるだけになってしまいます。

 

信用情報は開示請求出来るのでローン組めるか不安なら見ておこう

 

JICC、CIC、KSCに保存されている信用情報は、本人に限り、開示請求が行えます。これは郵送で行う方法と、直接窓口に行って行う方法があります。
それぞれ郵送の場合は1000円の小為替が必要になり、窓口に行くと500円の料金で開示してもらうことができます。

 

信用情報はこのように消費者金融、信販系、銀行系と3つに分かれていますが、審査の際にはその全てを参照されると考えておいてください。専用のネットワークシステムにより、これらの情報は相互に参照が行えるようになっている為です。

 

この開示請求は、債務整理の記録が本当に消えているか心配な場合にはとても有効だと言えます。特に完済から5年が経過したばかりの場合、一度自分で確認しておいた方がいいかも知れません。

▼こちらをクリック▼